ムトウユージ監督「しんちゃんだけは飽きないんです」クレヨンしんちゃんへの熱い思い

「クレヨンしんちゃん」は1992年にスタート。嵐を呼ぶ5歳児・野原しんのすけの活躍を描いたストーリーが、お茶の間に反響を巻き起こしてきた。 最近でも、「ドクターX」や「科捜研の女」などテレビ朝日の人気番組との遊び心たっぷりなコラボ展開のほか野原家の愛犬・シロがスーパーヒーローとなって世界を救う作品「SUPER SHIRO」も配信されるなど(※2019年10月よりAbemaTV、ビデオパスで独占配信)、“しんちゃんワールド”は、ますます進化を遂げている。  そんな大人から子どもまで幅広い世代に愛され続けている「クレヨンしんちゃん」の三代目監督・ムトウユージ氏に、作品に対する思いや、今まで挑戦してきたことなどを聞いた。 2019年10月より土曜昼4時30分の枠に移動となったアニメ「クレヨンしんちゃん」(毎週土曜昼4:30-5:00、テレビ朝日系)。 ■ ムトウ氏「パワーアップはしています(笑)」 ――放送枠が変わりましたが、何か変化はありましたか? 基本的には、枠が変わったから何か変えた、ということはないですね。ゴールデン枠ではできないことも「よし!いろいろ攻められる」という意識の変化はあ…