待望の「俺ガイル」第3期に早見沙織、佐倉綾音「最後のセリフは全部きつい」

渡 航の人気ライトノベル原作のアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」。同シリーズは、2013年の第1期放送時より、静かに、そしてひたむきに「本物」を追い求める高校生たちの姿をリアルに描いたストーリーと、江口拓也、早見沙織、東山奈央ら、登場人物の心情を繊細かつ的確に表現した声優陣の演技により、アニメファンから圧倒的な支持を得た。 4月よりTBSチャンネル1ほかで放送される「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完」では、2015年に放送された第2期に連なる物語が展開。主人公の男子高校生・八幡と、彼と同じ「奉仕部」に所属する雪乃と結衣、そして後輩のいろは、4人の深化する関係を繊細につづる。今回は、雪乃役の早見沙織、いろは役の佐倉綾音に作品への思いなどを聞いた。 ――5年ぶりとなるTVアニメ化の一報をお聞きになった際の感想をお聞かせください。 早見「いつかまたアニメ化するだろうなというのは、なんとなく想像していたのですが、いつ、どのようにしてというのは全然想像がついていなかったですね。でも昨年くらいに、来年から『俺ガイル』のアフレコのお仕事が入りますと伺って、いよいよ来たんだな…