「仮面ライダー」シリーズに声優・速水奨が初参戦!漆黒のライダー“アークゼロ”の声を担当

5月17日と24日の「仮面ライダーゼロワン」(毎週日曜朝9:00‐9:30、テレビ朝日系)で、これまでのバトルを振り返りつつ、物語にちりばめられた謎をひもといていく特別編「プレジデント・スペシャル PART.01&PART.02」が放送された。その特別編で、突如として出現した漆黒のライダー“アークゼロ”の声を、声優の速水奨が担当していたことが、24日の放送で明らかとなった。 ■ 仮面ライダーアークゼロの正体は、衛星アークの“意志” 真っ黒で、むき出しになった左目だけが赤い光を放っている、仮面ライダーアークゼロの正体は、衛星アークの“意志”。 衛星アークは、かつて地球上のヒューマギアを宇宙から制御するために開発された通信衛星だったが、人類に敵意を抱いていることが発覚。或人(高橋文哉)の父親である飛電其雄(山本耕史)がアークの陰謀を阻止したため、長らく湖の底に沈んでいた。 しかし、衛星アークはひそかに滅(砂川脩弥)、迅(中川大輔)ら“滅亡迅雷.net”に“意志”を送り続け、人類滅亡という最終目的に向けて静かに活動を続行。ついに、仮面ライダーアークゼロとして具現化してしまった。 今後、衛星ア…