『劇場版 BEM』山寺宏一、水樹奈々、高木渉、伊藤静が出演決定! 高木「リハーサルしながら泣いてしまいました…」

2020年秋に全国公開予定の映画「劇場版 BEM 〜BECOME HUMAN〜」に、ゲスト声優として山寺宏一、水樹奈々、高木渉、伊藤静の出演が決定。4人からコメントが到着した。 本作は「妖怪⼈間ベム」⽣誕50周年を記念し、2019年に制作・放送されたテレビアニメ「BEM」(テレビ東京ほか)の劇場版。 メインキャストはテレビアニメに引き続き、ベム役を小西克幸、ベラ役をM・A・O、ベロ役を小野賢章が、⼥性刑事ソニア役を内田真礼が務めるほか、ベムの親友であり物語の鍵を握る人物・バージェスを、声優初挑戦となるKis-My-Ft2の宮田俊哉が演じる。 このたび解禁となったゲスト声優の役どころは、⼭寺が、ベムにそっくりな男「ベルム」が勤める製薬会社の上司・マンストール役、⽔樹がベルムの良き妻であるエマ役。そしてベルムが勤める会社の社⻑・ドラコを高木が、その秘書であるグレタを伊藤が演じる。 ベム・ベラ・ベロの3人が、リブラシティを守り、姿を消してから2年。ベムの⾏⽅を捜し続けていたソニアが出会ったのは、ベムに⽠⼆つの⼈間「ベルム・アイズバーグ」だった。彼はいったい何者なのか。そして、ベム・ベラ・ベロ…