「ドロヘドロ」高木渉×近藤玲奈インタビュー!高木「カイマン&ニカイドウは、恋人にはならない友達感がいいコンビ」

“扉”の向こうから現れる魔法使いに頭をトカゲに変えられてしまった男、カイマン。彼の友人で“魔法使い狩り”を手助けする女性、ニカイドウ。混沌に支配された世界を舞台に、愉快なキャラクターたちが描かれるテレビアニメ「ドロヘドロ」が、1月12日(日)夜12時より、TOKYO MX、BSイレブンにて放送を開始する。 原作は「月刊IKKI」「ゲッサン」(共に小学館)などで連載された、林田球によるダークファンタジーコミック。2000年の連載開始から約18年にわたり愛されてきた作品だ。 ショッキングで不気味な描写も多くありながら、キャラクターたちは飄々とし、どこかユーモラス。退廃的な風景の中で描かれる、ほのぼのとした日常の光景。さまざまな要素が絶妙にブレンドされた混沌の衝撃作は、異才が放つ新風として人気を集めていた。 緻密な絵柄も評判だった本作を、テレビアニメではどのような世界にして見せてくれるのか。独特な個性を持つキャラクターたち、作品世界の魅力などを、カイマン役の高木渉、ニカイドウ役の近藤玲奈に聞いた。 ■ カイマン&ニカイドウ。恋人にはならない友達感がいいコンビ ――まず、演じるキャラクターの自…