【2020年1月13日~1月19日/ドラマ視聴熱&視聴率TOP10】視聴熱1位は「麒麟がくる」!視聴率1位は「スカーレット」

WEBサイト ザテレビジョンでは、SNSや独自調査をポイント化し、今熱い番組からテレビの流行に迫る新指標「視聴熱」を集計。1月13日~1月19日のドラマ週間視聴熱ランキングTOP10を発表した。 ■ 視聴熱1位は「麒麟がくる」! 視聴熱1位は、「麒麟がくる」(1月19日、NHK総合ほか)、120,804pt。19日に第1話「光秀、西へ」を放送。注目を集めていた大河ドラマの放送がスタートし、SNSでの盛り上がりは桁違いの数字に。長谷川博己が主演を務め、明智光秀(長谷川)の青春時代から始まり、織田信長、斎藤道三、今川義元、松永久秀、さらに豊臣秀吉や徳川家康といった英雄たちが天下を狙って戦う群雄割拠の時代を描く本作。劇団AUNの座長吉田鋼太郎と大塚明夫の共演を喜ぶツイートや、「麒麟がくる」公式アカウントの『トリセツ』ツイート、名古屋にある徳川美術館のツイートなどが話題に。視聴率でも、1位にわずかに及ばなかったが2位で19.1%を記録。 ■ 視聴熱2位は「スカーレット」 視聴熱2位は、「連続テレビ小説『スカーレット』」(1月13日-、NHK総合)、45,896pt。13日の週は「優しさが交差し…