内藤剛志主演、新刑事ドラマ『全身刑事』 内藤は“変なタイトルだけど”お気に入り!

内藤剛志主演、新刑事ドラマ『全身刑事』 内藤は“変なタイトルだけど”お気に入り!

本日2月2日(日)、内藤剛志主演の新・刑事ドラマ『全身刑事』が放送される。 ©テレビ朝日 数々の名刑事を演じてきた内藤が新たに演じる主人公・名瀬裕太郎(なぜ・ゆうたろう)は、「なぜ?」を子供のように連発し人々の心の闇に迫る刑事。 頭のてっぺんからつま先まで刑事ということで“全身刑事”だが、このタイトルを内藤は非常に気に入っているようで、「“変なタイトルだけど、どんなドラマなのかな”と思って見ていただいて、見終わった後に“なるほど”と得心してもらえたらうれしいですね」とコメントしている。 ©テレビ朝日 ◆あらすじ 学生時代、“伝説のクイズ王”として鳴らし、歴代トップの成績で警察庁に入った海東隼人(笠松将)は、その雑学知識を事件捜査になかなか応用できず、修行のために神奈川県警へ出向。 そんな海東が神奈川県警に来て初めての殺人事件が発生し、県警捜査一課の紋田伊代(中山忍)とともに臨場する。 被害者は輸入雑貨販売会社の経営者・九条佑香(鳥居かほり)で、ハンマーで後頭部を殴打され殺害されたようだった。 凶器のハンマーは、消防士が人命救助の際に用いるものと判明。遺体の両手親指の先に、7色のクレヨン…