松大航也「牙狼〈GARO〉」シリーズ15周年記念作品で初主演! 目標だったアクション作品に『夢のよう!』

松大航也の初主演作品となる特撮ドラマ「GARO ‒VERSUS ROAD‒」が、2020年春に放送されることが決定。松大が初主演の喜びなどを語った。 ■ 複雑かつ今までにない役どころを演じる 「GARO ‒VERSUS ROAD‒」は、2005年よりテレビ放送が始まり、その後も続編や劇場版、アニメ、ゲームといったメディアミックス展開を見せ、絶大な人気を誇る「牙狼〈GARO〉」シリーズの15周年記念作品。 松大は、不自由のない毎日を過ごしている大学生・空遠世那役。ひょんなことから受け取った謎のVR、それを起動させると巨大なゲームフィールドに大勢のプレイヤーが集められていた。 ゲームの勝者には現実世界でも幸運が舞い込み、プレイヤーたちはゲームにのめり込んでいく。そんな、複雑かつ今までにない役どころを演じることになる。 「GARO ‒VERSUS ROAD‒」は2020年春、TOKYO MX、BS日テレなどで放送される。 ■ 松大航也コメント 元々、マーベル作品の大ファンで、アクション作品に出たいという一心で殺陣やボクシングなどで日々体を鍛えていたので、こんなに早くアクション作品に参加できる…