内藤剛志主演「捜査一課長」4月新章スタート!三吉彩花が新人刑事として加入

2012年7月「土曜ワイド劇場」からスタートし、2016年4月からの「木曜ミステリー」枠で連続ドラマが放送。その後も「season2」「season3」と続き、8作のスペシャルドラマが放送されている「警視庁・捜査一課長」が、2020年4月より毎週木曜夜8時から連続ドラマとしてスタートすることが決定した。 最新シーズンでも、主人公・大岩純一捜査一課長を内藤剛志が演じ、小山田管理官(金田明夫)、運転担当刑事・奥野親道(塙宣之)などのレギュラーメンバーも健在。そこに新人刑事・妹尾萩(いもお・はぎ)役として三吉彩花が加わり、2020年進化する東京で毎週“ホシを挙げる!”。 ■ 捜査一課とは… 物語の舞台は、警視庁の花形部署、捜査一課。400人以上の精鋭刑事を統率する捜査一課長は、ヒラ刑事から這い上がってきたノンキャリアの“叩き上げ”が務める、警察組織内でも特殊なポストだ。 都内で起きるすべての凶悪事件に臨場し、いくつもの捜査本部を同時に指揮しながら捜査方針を決めるなど、極めて重い責務を担っている。 しかし、このドラマの主人公・大岩純一一課長(内藤)は、スーパーマンのように鮮やかに事件を解決して…