<池田エライザ>蜷川監督渾身の“人間ドラマ”に自信「恥を捨てて演じておりますので、期待してください」

蜷川実花が監督を務めるNetflixオリジナルドラマ「FOLLOWERS」のワールドプレミアが、2月4日に東京・表参道ヒルズで行われ、キャストの中谷美紀、池田エライザ、夏木マリ、板谷由夏、コムアイ、上杉柊平、金子ノブアキ、ゆうたろう、そして蜷川監督が登場した。 本作は、東京を舞台に、成功を手にした女性や、まだ“何者でもない”若者の人生が、SNSを通じて交錯していく物語。 女優を目指して上京してきた百田なつめを演じる池田は「池田エライザです。なつめをやりました。こんにちは」と笑顔であいさつしつつ、役を通して得たことについて「なつめという女の子は、ある種私がなりたかった。なりたくてもなれなかった女の子だと思っていて、私だったらあんなに憤ったときにストレートに言葉を言えないと思うんです。 『これが嫌だ、これはおかしい』と思ったときに、なつめはすぐに言えるんだけど、私は言葉を選んじゃったりとか、どこか器用にやっちゃうと思うんです。なつめの、武器がないからこそ素手でラスボスにかちこみにいくようなタフさって、『若い魅力』だったりするじゃないですか。そういうタフさみたいなものは、常に影響を受けながら…