「僕はどこから」まさかの裏切り!?薫(中島裕翔)と智美(間宮祥太朗)の友情の行方は

Hey! Say! JUMP・中島裕翔主演「僕はどこから」(毎週水曜夜0:12-0:52、テレビ東京系ほか)の第5話が、2月5日(水)に放送される。 同ドラマの原作は、市川マサの同名漫画。他人の文章を書き写すことで、その人の考えを読み解くことができる小説家志望の薫(中島)と、元同級生でヤクザの組長・智美(間宮祥太朗)が経験する、さまざまな事件と友情を描く青春異能クライムサスペンス。 前回は――試験後、玲(笠松将)を探す薫は井上家で、涼子(須藤理彩)の死体を発見。駆け付けた警察に殺害を疑われ、連行される。一方、智美は東宮寺(若林豪)から、失敗が許されない“シノギ”に一般人の薫を巻き込んだ挙句、警察に捕まったことを問い詰められる。「使えるものは何でも使う」絶体絶命の智美は、警察である証言をする。――という物語が描かれた。 ■ 第5話あらすじ 警察に出頭した智美は、「薫が玲を紹介して来た」と供述。それにより刑事・桐原(神保悟志)は、薫がヤクザの同級生を巻き込んだ強盗殺害犯であると確信する。 そんな智美の裏切りを知り、薫は愕然(がくぜん)とする…。 しかし智美は取り調べの続きで、事件当日に「朝…