“バカ”演じる岡田結実の後輩、井本彩花「私はマジメでした」ドラマ「女子高生の無駄づかい」で躍進願う

今の女子高生の実態をリアルに描くコメディー「女子高生の無駄づかい」(毎週金曜夜11:15-0:15テレビ朝日系)にマジョこと久条翡翠役で出演している井本彩花。 「現役女子高生なので、この3年間は学生の役をたくさん演じたいと思っていました。憧れの学園ドラマ出演と聞いたときはすごくうれしかったです」 マジョはコミュ障なオカルトマニア。岡田結実演じるバカと出会って、少しずつ変化していく役どころ。 「私も内気なところがあるので気持ちが分かります。そんな彼女が少しずつ変化して自分を出せるようになっていく姿を丁寧に演じていきたいです。そしてマジョといえば制服。一人だけスカートの丈が長く、シャツの中に黒のタートルネックを着て、リボンも黒。この学校の校則はどうなっているの?って思いますが、そんな特別な制服を着られるのは楽しいです。この制服を着るだけでマジョ役に入れる感じがするので、見た目から役に入るって大事だと思いました」 現場では岡田ら女子たちが集まり、女子高さながらのワイワイとした盛り上がりを見せているとのこと。 「現場もドラマの延長みたいな感じで、みんなJK気分で楽しんでいます。最近は、”女子無…