石原さとみ、4月スタートの薬剤師ドラマ「アンサング・シンデレラ」主演決定!ビジュアルも解禁

フジテレビ4月期の木曜劇場では石原さとみ主演の薬剤師ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(毎週木曜夜10:00-10:54)を放送することが決定。そのビジュアルが解禁された。 「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」では、病院内にある薬剤部にて、主に患者の薬の調剤、製剤を行う“病院薬剤師”たちの知られざる舞台裏を描いていく。 “アンサング”とは「褒められない」という意味。病院薬剤師たちは、“縁の下の力持ち(=アンサングヒーロー)”として患者のために奮闘していく。病院薬剤師を主人公にした医療ドラマは日本の連ドラ史上初となる。 主人公・葵みどりを演じるのは石原さとみ。木曜劇場には2014年10月期放送の「ディア・シスター」(木曜劇場初出演・初主演)以来5年半ぶり2度目の出演となり、フジテレビの連続ドラマとしては月9ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」(2015年10月期)”以来4年半ぶりとなる。 ■ 石原さとみがお団子ヘアを揺らしながら奮闘 葵みどりはキャリア8年目の病院薬剤師。みどりは「薬は患者の今後の生活につながるからこそ、その人自身を知る必要がある。それが、薬…