小手伸也『女子高生の無駄づかい』の劇中劇に出演!本編登場は一切ナシ

小手伸也『女子高生の無駄づかい』の劇中劇に出演!本編登場は一切ナシ

青春を無駄に浪費する女子高生=JKたちの“ハナクソレベル”の日常を描く、岡田結実主演の金曜ナイトドラマ『女子高生の無駄づかい』。 同作のなかで突如始まる、連続ドラマ内小説『ロボっこ』。朝ドラめいた雰囲気を醸し出すこの“劇中劇”に、小手伸也が出演する。 ©テレビ朝日 『ロボっこ』は、中村ゆりか演じる「ロボ」が主人公・ロボ子に扮する劇中劇。ロボ子が居候する家の娘・お嬢(ヲタ:恒松祐里)の家庭教師として、2月7日(金)放送の『ロボっこ』に小手が登場することに。 なんと本編での登場は一切なく、『ロボっこ』のみの出演という、衝撃の“無駄づかいっぷり”だ。 お嬢の家庭教師としてやってくるも、ロボ子が育てている微生物(バカ:岡田結実)をきっかけに、こっそりロボ子とも親しくなる家庭教師。しかし楽しい時間は長くは続かず、衝撃の展開が彼を待ち受けることになる。 小手は、『コンフィデンスマンJP』や『SUITS/スーツ』などで強烈なキャラクターを次々と演じ、遅咲きの“シンデレラおじさん”として大ブレーク。 昨年放送された金曜ナイトドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』では、声が小さくて何を言っているのか聞…