拉致から始まるラブストーリー『いとしのニーナ』岡田健史主演でドラマ化決定!

フジテレビが運営する動画配信サービスFODにて、いくえみ綾の人気コミック「いとしのニーナ」(幻冬舎コミックス刊)を、同名連続ドラマとして映像化することが決まった。 主人公の高校生・外山厚志(とやま・あつし)を、今もっとも注目を集める若手俳優・岡田健史が演じる。 主人公の厚志を演じる岡田健史 「いとしのニーナ」は、幼なじみが起こしたある拉致事件をきっかけに、憧れの美少女・ニーナのボディガードをすることになった高校生・厚志の、不器用だけど純粋でまっすぐなラブストーリー。10代を中心とした読者層に話題となった作品だ。 厚志は、親友のマサが起こした“ニーナ拉致事件”に呆れながらも、とっさにニーナを助けた結果、彼女のボディガードをすることに。事件の主犯格である牛島に怯えながらも、心に傷を負ったニーナの力になりたいと、思ううちに恋心を抱くように。 そんな厚志を、ドラマ『中学聖日記』での大抜擢で一気に注目を浴びて以降、CM、映画、ドラマに写真集と活躍がめざましい岡田が演じる。岡田は、本作にて初のヘタレキャラに挑む。  親友が事件を起こしてしまった状況の中、歯がゆさや使命感、友情、恋心やそれに対する葛…