転校生の“小悪魔系百合ガール”、岡田結実らに秒で変人認定される<女子高生の無駄づかい>

転校生の“小悪魔系百合ガール”、岡田結実らに秒で変人認定される<女子高生の無駄づかい>

青春を無駄に浪費する女子高生=JKたちの“ハナクソレベル”の日常を描く、岡田結実主演の金曜ナイトドラマ『女子高生の無駄づかい』。 同作の第3話が、2月7日(金)に放送される。 ©テレビ朝日 バカ(岡田結実)たちのクラスに強烈な転校生・リリィ(小林由依)がやってくる。 眉目秀麗・スタイル抜群の彼女にクラス中から羨望の眼差しが集まるなか、リリィは転校早々「好きなものは女の子」と衝撃発言。 なんと彼女の正体は“小悪魔系百合ガール”で…! ◆第3話あらすじ 登校して早々、バカ(岡田結実)はヲタ(恒松祐里)とロボ(中村ゆりか)に衝撃的な相談を持ちかける。 「うちの脱ぎたてのパンツってどれくらいの価値があるんだろうか…?」 朝から騒がしいバカたちを尻目に「今日は何事もなく一日過ごせますように」と祈るワセダ(町田啓太)。そんな願いもむなしく、ヤマイ(福地桃子)がフードのジッパーを髪にからませて暴れたり、ホームルーム中に笑いすぎたバカが窒息しそうになるなど、午前中からワセダの疲労は限界MAXに。 ©テレビ朝日 さらには、不登校で出席日数が足りなくなりそうなマジョ(井本彩花)に電話をかけたところ「学校は…