岡田結実の「タレントイメージが崩壊しちゃうかも」と心配。『女子無駄』原作者・ビーノ氏が出演者の演技に感謝!

岡田結実の「タレントイメージが崩壊しちゃうかも」と心配。『女子無駄』原作者・ビーノ氏が出演者の演技に感謝!

きらめきに溢れた“青春”を、全力で無駄に浪費する女子高生=JKたちのハナクソレベルの日常を描く、岡田結実主演の金曜ナイトドラマ『女子高生の無駄づかい』(以下『女子無駄』)。 2月7日(金)に同作の第3話が放送されるが、このほど本作の原作者であるビーノ氏(写真・中央)が撮影現場を訪問した。 ©テレビ朝日 左からワセダ(町田啓太)、ビーノ氏のご主人、ビーノ氏、バカ(岡田結実)、ヲタ(恒松祐里)、ロボ(中村ゆりか)。 ◆“お面”で登場した原作者に撮影現場歓喜! 今回ビーノ氏が訪れたのは、とある廃校。顔出しNGとのことで、なんとお面を被って登場した。 ©テレビ朝日 第4話を撮影中の現場で、ビーノ氏はワセダ(町田啓太)と教頭(大倉孝二)が出演する校舎でのワンシーンを見学。教頭のコミカルな演技に手をたたいて爆笑したり、主演の岡田らキャストたちと楽しそうに談笑したり、初のドラマ見学を目いっぱい楽しんだ。 ワセダのモデルとなったビーノ氏のご主人も見学に同行し、漫画のワセダそっくりの風貌に撮影現場が驚きに包まれる場面も。 最後にはキャストたちに直筆のサイン色紙をプレゼントし、撮影の健闘を祈った。 ©テレ…