イケメン庭師・村雨辰剛、高橋克典と庭作業!“眼福すぎる”2ショット公開

イケメン庭師・村雨辰剛、高橋克典と庭作業!“眼福すぎる”2ショット公開

高橋克典が銀行の“雑用係”=庶務行員という異色のヒーローを演じる人気ミステリードラマ『庶務行員・多加賀主水』シリーズの第4弾が、2月16日(日)に放送される。 そして同作に、スウェーデン出身の“庭師”でモデルとしても活躍する村雨辰剛が本人役でゲスト出演することが決定。劇中で剪定の腕前を披露した。 ©テレビ朝日 『庶務行員・多加賀主水』シリーズは、曲がったことは許さない、忖度とは無縁――そんな熱い正義感ゆえに世界を放浪するハメとなり、ワケあって現在は庶務行員として勤務する男、多加賀主水(高橋克典)が、巨悪に立ち向かうミステリー。原作は、元銀行マンという経歴を持つ作家・江上剛氏の人気シリーズだ。 ◆村雨辰剛、初の本人役に挑戦! ©テレビ朝日 第4弾となる本作では、主水のトレードマークでもある“狐の面”をつけた放火魔が出現。その謎の男により、町の嫌われ者たちの自宅に次々と火が放たれる事件が発生する。 主水は、“相棒”役の女性行員・生野香織(夏菜)と協力して放火犯の正体を暴くとともに、背後に隠されていた黒い策略にも迫っていく。 『みんなで筋肉体操』(NHK)に登場し、端正な顔立ちとその肉体美で…