久保田紗友、荻原利久、神尾楓珠ら若手キャストがキスしまくり!「みんなキスが上達していった」<鈍色の箱の中で>

同じマンションに住む幼なじみの高校生たちの切なくも危険な偏愛ラブストーリー「鈍色の箱の中で」(毎週土曜夜3:00-3:30、テレビ朝日)が、2月8日(土)にスタート。 登場人物が全員片思いという、想像もつかないドロドロな展開が話題のLINEマンガ原作を映像化。毎話キスシーンが登場すると、放送前から話題を呼んでいる。 初恋にとらわれた高校生を演じるのは、久保田紗友、萩原利久、神尾楓珠、岡本夏美、望月歩の若手キャスト5人。同年代の彼らに、話題のキスシーンや番組の見どころなどを聞いた。 ――この作品に出演が決まったときの感想を教えてください 久保田:こういう(同年代)メンバーで、学生たちだけのドラマが作れるというのはすごくうれしかったです。 萩原:この世代だけで話が進むということがすごく新鮮だったよね。 神尾:作品の話をいただいたときに利久と共演できると聞いて喜んでいたら、他のキャストも全員知り合い! 楽しみしかないと思った。 岡本:この5人でどういう化学反応を起こせるか、早く演技したいと思いました。あと、原作を読んで恋愛の部分は意外と大人でも楽しんでもらえるんじゃないかな?と。狭い環境で恋…