池田エライザ、SNSとの向き合い方に変化「何かを発信しないと消えちゃうと思っていました」<Interview>

“TOKYO”のリアルライフを描くNetflixオリジナルシリーズ「FOLLOWERS」が、2月27日(木)より全世界190カ国で独占配信される。 本作は、2019年に「Diner ダイナー」「人間失格 太宰治と3人の女たち」と話題を呼んだ映画を手掛けた蜷川実花が監督を務める人間ドラマ。 人気写真家として第一線を走り続ける奈良リミ(中谷美紀)と、女優を夢見て上京するが全く芽が出ない百田なつめ(池田エライザ)を軸に“TOKYO”を懸命にサバイブしようとするそれぞれの人生が、SNSを通じて意外な形で交錯していく様を描く。 WEBサイト「ザテレビジョン」では、なつめ役の池田エライザにインタビューを実施。蜷川の世界観が堪能できる作品の魅力やなつめという女性への思い、作品にちなんで常に変化し続けている街「東京」に対する印象などを語ってもらった。 ――最初にこの企画を聞いた時の感想は? 最初に台本を頂いた時から、どんどん更新されていったんです。私と実花ちゃんがしゃべったことが反映されていたり、クランクイン直前までに実花ちゃんが東京にいる人たちの話を親身になって聞いたものが盛り込まれながら更新されて…