大河ドラマ初出演の岡村隆史「ぼーっとNHKに来ていたらどえらい仕事が舞い込んできました」<麒麟がくる>

2月9日(日)に放送される長谷川博己主演の大河ドラマ「麒麟がくる」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の第4回に向けて、菊丸を演じる岡村隆史がコメントを寄せた。 史料がほとんど残っていない20代の明智光秀(長谷川)の青春時代から始まり、織田信長、斎藤道三、今川義元、松永久秀さらに秀吉や家康といった英雄たちが天下を狙って戦う群雄割拠の時代を描く同作。 ■ 岡村「大河には魔物がいますね」 岡村が演じるのは、光秀が美濃で出会う三河出身の農民・菊丸。 第4回では、今川との戦いで尾張の信秀(高橋克典)が瀕死の重傷を負ったとの知らせを受けた道三(本木雅弘)が、尾張へ向かうという医者の東庵(堺正章)に信秀の容態を秘密裏に探るよう命じる。その目付け役に任命された光秀は、菊丸を伴い尾張・古渡城へ潜入する。 今回が大河ドラマ初出演となる岡村は、「ぼーっとNHKに来ていたらどえらい仕事が舞い込んできました(笑)。『チコちゃんに叱られる!』をやっていてよかったです。“朝ドラ”(朝の連続テレビ小説)を狙っていたので、まさか大河ドラマでオファーがくると思っていませんでした。ビックリしました」と語る…