『麒麟がくる』制作統括&演出が語る“俳優・岡村隆史”の魅力とは

『麒麟がくる』制作統括&演出が語る“俳優・岡村隆史”の魅力とは

 大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK総合ほか)の第4回「尾張潜入指令」が2月9日(日)に放送される。放送に先立ち行われた試写会では、制作統括の落合将と第4回の演出を担当する藤並英樹が菊丸役で出演する岡村隆史の魅力を語った。  2月9日(日)放送の第4回「尾張潜入指令」では、今川との戦いで尾張の信秀(高橋克典)が瀕死の重傷を負う。その知らせを受けた道三(本木雅弘)は、妻の治療を終え今度は尾張へ向かうという東庵(堺正章)に、天敵・信秀の容態を秘密裏に探るように命じる。その目付け役に任命された光秀(長谷川博己)は、東庵と菊丸(岡村隆史)と3人で尾張・古渡城へ潜入する。  岡村をキャスティングした理由について落合は「池端(俊策)さんが菊丸というキャラクターを創作したいとおっしゃっていた時に、『菊丸はコメディアンにやってもらいたい』と言っていて。そんな時に、僕や大原君が以前からお仕事がしたかった岡村さんの名前が出ました。池端さんも『岡村君は面白いよ!』となって、オファーをしたら、まさかの快諾をいただけたのでとてもうれしかったですね」と明かした。  岡村の印象について藤並は「お芝居に対して真摯に向き…