原沙知絵&磯山さやかで柴門ふみの名作『女ともだち』ドラマ化

原沙知絵&磯山さやかで柴門ふみの名作『女ともだち』ドラマ化

 BSテレ東4月期の真夜中ドラマ枠が原沙知絵主演、磯山さやか共演の『女ともだち』に決定した。  本作は、1983年に連載開始された柴門ふみ原作の時代を令和にアレンジしてドラマ化。恋愛、結婚、不倫などに直面し揺れ動く女性の心理や葛藤などを、主人公のモノローグを多用し丁寧に描いた告白的恋愛白書。  原沙知絵が演じる主人公・乾セツは、DV離婚し、不感症だが大学の同級生との不倫関係をやめられないバツイチのシューズデザイナー。磯山が、セツの高校時代からの親友で、何度も浮気を繰り返してしまう夫を捨て切れない迷える主婦・小野ちさとを演じる。  2人の“女ともだち”と、彼女たちを取り巻く複雑な事情を持った女性たち。女の幸福(しあわせ)は、男によって決まるのだろうか。時代や価値観は変わっても、恋愛における普遍的な女心に共感を生む作品となっている。  セツの不倫相手・平井保、売れっ子カメラマンで浮気癖のあるちさとの夫・ミツルを演じるキャストも追って発表される。 <原沙知絵 コメント> 1980年代に多くの女性たちの支持を集めた柴門ふみさんの名作を令和となったこの時代によみがえらせる事は深いメッセージがある…