古舘寛治×滝藤賢一インタビュー『コタキ兄弟と四苦八苦』

古舘寛治×滝藤賢一インタビュー『コタキ兄弟と四苦八苦』

神経質な兄・一路(古舘寛治)と、大ざっぱな弟・二路(滝藤賢一)。正反対な性格だけど、どっちも何かが欠けているコタキ兄弟が繰り広げるちょっぴり変な日常を描いた『コタキ兄弟と四苦八苦』。やむを得ずやることとなった「レンタルおやじ」で、客からのはちゃめちゃな依頼に奮闘する姿がなんとも愛おしいダメなおやじ2人は、なんと古舘さんと滝藤さんが発案したもの。そんな2人がコタキ兄弟の魅力を語ります! ◆「自分たちが主演のドラマを立ち上げよう」と企画してから約3年、ようやく形となり放送に至った感想はいかがですか? 滝藤賢一:もうそんなにたったんだね? 古舘寛治:本当に。ようやくといえばようやくだし、早かったと言えば早かったし。 滝藤:放送に関しては、撮影が昨年末に終わったこともあって“まだ終わってなかったか!”という、驚きに近い感覚かも(笑)。 古舘:終わってないよ。せっかく作ったのに最後まで見てもらわないと、何のために作ったんだってことになるから(笑)。 滝藤:確かに。 古舘:放送が始まったら、あとはもうとにかく最後までたくさんの人に見てもらいたいという気持ちだけですね。 ◆制作段階で、どのような形で…