『鈍色の箱の中で』第2話は30分間でキス7回!萩原利久と神尾楓珠も…

『鈍色の箱の中で』第2話は30分間でキス7回!萩原利久と神尾楓珠も…

 連続ドラマ『鈍色の箱の中で』(テレビ朝日(土)深3・00)の第2話が、2月15日に放送される。  篠原知宏の同名LINEマンガが原作。同じ分譲マンションに住む幼なじみの高校生5人が織り成す、初恋をテーマにした偏愛ラブストーリー。ヒロイン・桜井美羽役の久保田紗友をはじめ、辻内基秋役の萩原利久、真田利津役の神尾楓珠、高鳥あおい役の岡本夏美、庄司悟役の望月歩と実力派の若手キャストが集結している。  2話では、美羽(久保田)の気持ちに全く気づかない基秋(萩原)に悟(望月)が忠告。基秋は美羽に交際を申し込み、2人は晴れて恋人となる。学校帰りに肉まんを頬張ったり、プリクラを撮ったり、マンションの中庭でスケッチブックで顔を隠しながらキスしたりと、楽しそうな日々を送る2人。しかし、それは長くは続かず…。  1話で反響を呼んだ胸キュンキスシーンは2話でも健在。美羽と基秋以外にも、あおいと悟の“寝ころび逆さキス”や、基秋と利津の男同士の“意味深キス!?”まで、放送30分間で7回のキスシーンが登場する。  2話の撮影は屋外やナイターが多く、寒さとの闘いに。マンションの屋上で流星群を見るシーンでは特に冷え込…