久保田紗友、同世代キャストとの共演に「刺激的な毎日でした」<鈍色の箱の中で>

同じマンションで暮らす幼なじみの高校生5人が繰り広げる、切なくて危険な偏愛ラブストーリー「鈍色の箱の中で」(毎週土曜夜3:00-3:30、テレビ朝日ほか)。第2話が今夜放送される。 LINEマンガで連載中の同タイトルが原作で、久保田紗友、萩原利久、神尾楓珠、岡本夏美、望月歩の若手キャスト5人が初恋にとらわれた高校生を演じている。第1話から繰り広げられた、幼なじみならではの微妙な距離感や嫉妬心、劣等感が邪魔する複雑な恋模様に驚かされた人も多いはず。 そこでザテレビジョンでは、個々が活躍の場を広げている若手キャスト5名のリレー連載を実施。1回目の今回は、どんなことにも一生懸命に取り組む性格の高校2年生・桜井美羽を演じた久保田紗友が登場。同世代俳優たちとの共演や自身の恋愛観、そして2週目担当の萩原利久について直撃インタビュー! ――久保田さんがあまり演じてこなかった役とのことですが、美羽に対して自分と違うと感じるところはありますか? 彼女が子供の頃から基秋(萩原)のことをずっと好きで居続けているのは本当に尊敬しています。私自身は、さまざまなことに対して興味を持つんですが、そこまで何かに没頭し…