逆さキス、強引なキス…30分間に計7回!『鈍色の箱の中で』第2話、“エモキュン”シーンの大渋滞

逆さキス、強引なキス…30分間に計7回!『鈍色の箱の中で』第2話、“エモキュン”シーンの大渋滞

2月8日(土)からスタートしたテレビ朝日連続ドラマ『鈍色の箱の中で』。 同作は同じ分譲マンションに住む幼なじみの高校生たちの初恋をテーマに、桜井美羽(久保田紗友)を中心とした辻内基秋(萩原利久)、真田利津(神尾楓珠)、高鳥あおい(岡本夏美)、庄司悟(望月歩)の複雑な感情を描いた切なくも危険な偏愛ラブストーリー。 先週放送となった第1話は、暗闇のなかで制服姿の美羽と基秋がキスをするシーンから始まり、公開告白、不意打ちキス、おんぶなど、“エモキュン”シーン連発の濃密な30分となった。 ©テレビ朝日 2月15日(土)放送の第2話では、美羽(久保田紗友)の気持ちに全く気が付かない基秋(萩原利久)は、悟(望月歩)からの忠告を受けて美羽に交際を申し込む。美羽の返事は…もちろんOK! 2人は学校帰りに、寒空の下で肉まんをほお張ったり、可愛さ増し増しのプリクラを撮影したり、マンションの中庭でスケッチブックで顔を隠しながらキスを交わしたりと楽しい日々を送るのだが、そんな日は長くは続かず…。 ©テレビ朝日 ©テレビ朝日 マンションの屋上で流星群を観るシーンではあおい(岡本夏美)と悟(望月歩)が寝ころび逆さ…