本上まなみ「本当に塚地さんの多恵子は愛らしい」『パパがも一度恋をした』第3話2・15放送

本上まなみ「本当に塚地さんの多恵子は愛らしい」『パパがも一度恋をした』第3話2・15放送

 オトナの土ドラ『パパがも一度恋をした』(フジテレビ系)に出演する本上まなみが、現場でのエピソードや、共演者についてなど今の想いを語った。  本作は、愛する妻・多恵子(本上まなみ)を亡くしたショックで丸3年間引きこもり中の山下吾郎(小澤征悦)と、吾郎を心配するあまり、おっさん姿になって生まれ変わってきた、おっさん多恵子(塚地武雅)とのラブコメホームドラマ。  第2話では、吾郎を心配して現れた多恵子の生まれ変わり、おっさん多恵子を本気で愛そうとする吾郎の葛藤が、昭和の下ネタ全開、コメディ要素全開のストーリーで描かれた。  2月15日(土)放送の第3話では、多恵子の父・十郎(山田明郷)が突然山下家にやってきたことで、吾郎はおっさん多恵子を連れて多恵子の実家を訪れる展開に…。 <本上まなみ コメント> ◆この作品についての感想を教えていただけますか?  こんなに真っすぐに人を愛することができるなんて!とただただ感動しました。まるで泉のように愛情があふれ出てくる人たちで、猪突猛進なところが側から見れば滑稽にも見えるし、身内だったら暑苦しいかもとも思うんだけど、読んでいるうちにクセになるというか…