林遣都&福田麻由子、仲良し夫婦演じるお互いの印象は?福田「林さんのイメージは“宝箱がひっくり返る”感じ」<スカーレット>

連続テレビ小説『スカーレット』(毎週月曜~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)で林遣都と福田麻由子が初共演。2人が演じているのは、ヒロイン・川原喜美子(戸田恵梨香)の妹・百合子(福田)と、幼なじみの大野信作(林)で、夫婦となった役だ。 林「福田さんはお芝居に対して真摯に向き合い、引っかかることを絶対に放置せず、演出スタッフや共演者と会話して現場に立たれる方です」 福田「林さんは役者としてすごく好きで尊敬している方なので、一緒にお芝居ができて本当にうれしいです。私の中の林さんのイメージは“宝箱がひっくり返る”感じなんです」 林「宝箱?(笑)」 福田「信作さんのお芝居はキラキラしたものが飛び出てくる感じで、このシーンはどう演じるんだろうと、毎回ワクワクしています」 林「ありがとうございます。うれしいです。信作は百合子に安らぎを求めていると思っているんですが、お芝居の中でも僕が福田さんに対して同じものを求めている部分があるので、そう言っていただけると今後ものびのびとやることができます」 家族ぐるみの仲良しで、「信兄(しんにぃ)」「百合ちゃん」と呼び合う関係から夫婦になっていく模様を…