佐野勇斗・飯豊まりえの間に立ちはだかる“7年の壁”に視聴者涙…「切なすぎて苦しい」<僕だけが17歳の世界で>

佐野勇斗&飯豊まりえがW主演を務めるAbemaTV最新オリジナルドラマ「僕だけが17歳の世界で」第2話が2月27日に放送され、視聴者から「1話に引き続き泣ける」「切なすぎて苦しい」といった共感の声が上がっている。 ■ 早くもすれ違う航太と芽衣にファン号泣! 「僕だけが17歳の世界で」は、幼馴染の航太(佐野)と芽衣(飯豊)が、お互いに“好き”という気持ちに気づくも、想いを伝えることなく突然航太が亡くなってしまい、季節外れの桜が咲く期間だけ戻ってくる、というファンタジー・ラブロマンス。 満開の桜の丘に現れたのは、7年前にこの世を去ったはずの航太だった。驚き、思わずその場から逃げ出ししてしまった芽衣。もう一度航太に会いたいと再び桜の丘を訪れるも、その姿はない…。その後、神社で「もう一度航太に会わせてください」と手を合わせた芽衣は、境内で袴姿の航太を発見し──。 7年ぶりに再会を果たした航太と芽衣に、視聴者からは「1話に引き続き泣ける…」「芽衣の涙が会えなかった7年間を物語ってる」「再会できてホントよかった…」など熱いコメントがAbemaTV内のコメント欄やSNS上に数多く投稿された。 その後…