とよた真帆が清原翔の母親役に「誕生、幼少期、反抗期などを描いてから現場へ」

3月12日放送のフジテレビ木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』の第10話に、とよた真帆、相島一之、丸山智己、若林拓也、品川徹が出演する。 松下奈緒主演、木村佳乃共演で、日本のテレビドラマ史上初めて腫瘍内科を舞台にしたメディカルドラマである本作。第10話では、腫瘍内科医・恩田心(おんだ・こころ/松下)のもとで研修をしている結城涼(ゆうき・りょう/清原翔)の家族の面々が初めて描かれる。 “華麗なる外科医一族”の結城家。日本屈指の医療法人である有馬総合病院の理事で結城の母・美紀子(みきこ)をとよたが、結城の弟でアメリカのメディカルスクールに通う将来有望な駿(しゅん)を若林が、結城の母方の祖父で理事長の晋(しん)を品川が演じる。 また、横浜みなと総合病院でのすい蔵がん手術を控えた患者・佐伯芳雄(さえき・よしお)を相島一之、その弟で、すい臓がん手術に長けた外科医がいると評判の有馬総合病院に兄を転院させようと目論む佐伯隼人(さえき・はやと)を丸山智己が演じる。 誰よりも近い存在だからこそ、お互いを誰よりも気遣う家族。しかし、その思いは時にすれ違ってしまい…。そんな2つ家族の姿を、若手からベテラ…