<麒麟がくる>木村文乃演じる光秀の妻・熙子が“花を散らしながら”初登場!明智家のシーンは「ほっこりできる時間」

3月15日(日)に放送される長谷川博己主演の大河ドラマ「麒麟がくる」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の第9回に木村文乃演じる熙子が初登場。木村が放送に向けてコメントを寄せた。 史料がほとんど残っていない20代の明智光秀(長谷川)の青春時代から始まり、織田信長、斎藤道三、今川義元、松永久秀さらに秀吉や家康といった英雄たちが天下を狙って戦う群雄割拠の時代を描く同作。 木村は、美濃の土豪・妻木氏の娘で戦乱に明け暮れ疲弊する光秀の心の支える光秀の正室・熙子を演じる。 ■ 木村「明智家のシーンはほっこりできる時間」 木村は自身の演じる熙子について「明るい人で、悩みがあってもポジティブに行動していく人です。 熙子の一言で場の雰囲気を明るくできますし、演じていてすごく楽しいです」と話す。 そして「長谷川博己さんとは二度目の共演となります。長谷川さんの柔らかい雰囲気にのって、明智家として本当の家族のように撮影ができている手応えを感じています」と長谷川との共演の感想について明かした。 また、「監督からは、武家の娘で肝が座っている、胆力があることを大事にしてほしいと言われています。初登…