日本アカデミー賞・優秀美術賞!映画「翔んで埼玉」あの世界観はいかにして生まれたのか

さまざまな都道府県ランキングにおいて何かとワースト1にランクインする埼玉県。そんな埼玉県が東京都に虐げられる漫画を原作に、埼玉と東京だけでなく千葉や神奈川、群馬、茨城、栃木と関東圏一帯を巻き込み一大スペクタクルとなる“愛と革命の物語”を、二階堂ふみ、GACKTの主演で実写映画化した「翔んで埼玉」。 (C)2019映画「翔んで埼玉」製作委員会 昨年2月に公開後、徹底した埼玉県への“ディスり”が話題となり、関東だけでなく日本全国で興行収入37.6億円の大ヒットとなった2019年の話題作だ。 3月6日に開催された第43回日本アカデミー賞では作品賞をはじめ優秀主演女優賞、優秀主演男優賞など12部門の優秀賞を授賞。さらに、最優秀監督賞(武内英樹監督)、最優秀脚本賞(徳永友一)、最優秀編集賞(河村信二)にも輝き、再び話題を集めている。 授賞式では、「“男子生徒”役をやらせていただいて優秀主演“女優”賞」という二階堂や「高校生役と聞いて、一度はオファーを断った」というGACKTのコメントもあったように、とにかく“ぶっ翔んだ”キャラクターや設定が目白押しのエンターテインメント作品だ。 今回はそんな映画…