吉田鋼太郎が織田裕二と対立する“危険な男”に「ただの悪役ではないように思います」<SUITS/スーツ2>

4月13日(月)スタートの”月9”ドラマ「SUITS/スーツ2」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系※初回30分拡大)に、吉田鋼太郎の出演が決定。主演の織田裕二とはこれが初共演となる。 同作は全米メガヒットドラマ「SUITS」のシーズン2を原作に、負け知らずの敏腕弁護士・甲斐正午役を織田、経歴詐称の天才青年・鈴木大輔役を中島裕翔が前作に引き続き演じる。二人がさまざまな訴訟に向き合い、問題を解決していく重厚なストーリーと、海外原作ならではのユーモラスさとテンポのいい掛け合いが見どころのリーガルドラマ。 先日公開されたメインビジュアルでは、後ろを向いている男が誰なのかSNS上で臆測が飛び交い盛り上がりを見せていたが、その正体が吉田だと明かされた。 そんな吉田が演じる上杉一志は、日本の四大法律事務所の一つ「幸村・上杉法律事務所」の共同代表で、原作ではデヴィッド・コスタビルが演じるダニエル・ハードマン役に当たる。 上杉の表向きの顔は優秀で謙虚、愛妻家で仲間思い、実績と信頼を着実に積み上げてきた敏腕弁護士。 しかし、裏の顔は目的達成のためなら手段を選ばない私欲まみれの人物で、事務所にとっ…