松下奈緒、共演の木村佳乃は“支え”に「とてもありがたかったです」<アライブ>

木曜劇場「アライブ がん専門医のカルテ」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)が、3月19日(木)に最終回を迎える。そこで、主演の松下奈緒、共演の木村佳乃がこれまでを振り返りながら、見どころについて語った。 ■ がんの再発が判明した薫は… 本作は、内科の中でも腫瘍内科(メディカル・オンコロジー)というがんに特化した診療科を舞台に、今の医療現場に最も求められているがんのスペシャリストたちの戦いと苦悩を描く“メディカル・ヒューマン・ストーリー”。 初回放送時から「描写がとてもリアル」「人の優しさや生きる希望を感じる」と話題で、医療従事者からも「忠実で丁寧に描かれている」「がん診療をよく取り上げてくれた」と大きな反響を呼んでいる。 そして3月19日(木)の最終回では、心(松下)と薫(木村)が困難を乗り越え、医師として、友人として、強く信頼し合える関係を築く。そんな矢先、薫は乳がん手術から5年目の検査で、がんの再発が判明。その告白を受けた心は、2人で乗り越えようと誓い合う。 しかし、薫の病状は重く、手術は難しい。それでも、薫は抗がん剤治療を受けながら、外科医としての仕事を続けたいと…