松下奈緒 メンタル弱るも、木村佳乃の元気な「おはよー!」が「すごく支えになった」

松下奈緒が主演、木村佳乃が共演を務めるドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』が3月19日(木)に最終回を迎える。 本作は、日本のTVドラマとして初めて腫瘍内科を舞台にし、圧倒的にリアルながん治療の現状を取り扱う医療ドラマ。それと同時に、腫瘍内科医の恩田心(おんだ・こころ/松下)と消化器外科医の梶山薫(かじやま・かおる/木村)という2人の女性医師を中心とした、がん治療の最前線で闘う医師と患者の姿を、情感豊かに描いているメディカル・ヒューマンドラマだ。 初回放送時から「描写がとてもリアル」「人の優しさや生きる希望を感じる」と話題を集め、放送回を重ねるごとに大きな反響を呼んでいた。 そんな本作もついに最終回を迎える。心と薫は困難を乗り越え、医師として、友人として、強く信頼しあえる関係を築いた。その矢先、薫は乳がん手術から5年目の検査で、がんの再発が判明。その告白を受けた心は、2人で乗り越えようと誓い合う。 しかし、薫の病状は重く、手術は難しい。それでも薫は抗がん剤治療を受けながら、外科医としての仕事を続けたいと心に頼む。 一方、心の国立がん医療センターへの移籍の話も期限を迎えようとしている。…