井沢(沢村一樹)らは篠田(高杉真宙)の暴走を止められるのか…『絶対零度』最終回あらすじ

井沢(沢村一樹)らは篠田(高杉真宙)の暴走を止められるのか…『絶対零度』最終回あらすじ

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系)の最終話が3月16日(月)後9時から放送される(15分拡大)。  前回放送の第10話で、テロ計画の黒幕が篠田浩輝(高杉真宙)だと分かり、物語はいよいよクライマックスへ。井沢範人(沢村一樹)、山内徹(横山裕)、小田切唯(本田翼)、吉岡拓海(森永悠希)、加賀美聡介(柄本明)らミハンメンバーは、篠田の暴走を止めることができるのか。 【関連記事】沢村一樹『絶対零度』撮了「世間が大変な状況の中で無事に終えられたのはすごいこと」 <第11話(3月16日(月)放送)あらすじ> 井沢(沢村一樹)たちは、テロ計画の黒幕と思われた水島歩の正体が篠田(高杉真宙)だったことに気づく。そのとき、ミハンが加賀美(柄本明)を危険人物として検知する。26年前、映画館で起きた神経ガステロの際に、犯人の息子である歩を救った加賀美は、彼にミハンのことを話していた。加害者家族ゆえに激しいバッシングに遭いながら生きてきた歩は、ミハンに強くひかれ、この世から犯罪をなくしたいという思いにとらわれて暴走したのだ。加賀美がミハンに志願したのも、そんな歩を自らの手で葬るためだった。 加賀美…