市川海老蔵の十三代目市川團十郎襲名を記念した特別ドラマに三上博史、黒木瞳が出演

この夏フジテレビでは、市川海老蔵の十三代目市川團十郎襲名を記念した特別企画ドラマを放送する。 ドラマは、今川義元の大軍を数的に劣る織田軍が打ち破り、日本史上最大の逆転劇と謳(うた)われ、織田信長を一躍戦国時代の主役に押し上げた伝説の一戦、“桶狭間の戦い”を題材とした本格時代劇『桶狭間 OKEHAZAMA~織田信長~』(仮)。 この度、今川義元役に三上博史、信長の母・土田御前役に黒木瞳の出演が決定した。 当代随一の武将・今川義元を演じる三上博史は、今作品が海老蔵と初共演。 信長にとって最大の脅威は、駿河の大大名・今川義元だった。義元は遠江、三河を我が物とし、いよいよ信長の所領・尾張に侵攻する。その数、二万。“御所(足利将軍家)が絶えれば吉良が継ぎ、吉良が絶えれば今川が継ぐ”と言われた名門・今川家。また、“うつけ者”と揶揄(やゆ)された信長とは対照的に、義元は海道一の弓取りと謳(うた)われ、武将としてもその名をとどろかせていた。 時代劇は、2012年のNHK大河ドラマ『平清盛』の鳥羽上皇役以来となる三上。大軍を率いて、圧倒的有利と思われていた“桶狭間の戦い”において、まさかの敗北を期した義…