渦中の東出昌大が涙の謝罪会見「今後は人を裏切らず、最善を尽くして生きろ」と自身に言いたい

3月20日(金)全国公開されるドキュメンタリー映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50 年目の真実」の公開直前トークイベントが17日に都内で開催され、豊島圭介監督と、ナレーターを務めた東出昌大が出席した。 同作は、1969年5月13日、東京大学駒場キャンパス900番教室で行われた作家・三島由紀夫と、東大全共闘との伝説の討論会の様子を軸に、三島の生きざまを映したもの。 東出は、三島が書き上げた日に生涯を閉じた最後の長編小説「豊饒の海」の舞台化(2018年)に出演したほか、多くの三島作品を読破していたことからナレーターに起用され、東出自身もこれを快諾したという。 東出昌大と豊島圭介監督 東出といえば、妻である杏との間に3子をもうけながらも、2018年に公開された映画で共演した女優との不倫関係が騒動となり、別居生活に。 この日は騒動発覚以来、初の公の場への登場とあって、多くの報道陣が詰めかけた。そして、そんな報道陣からの強い要望で、当初は予定されていなかった東出の囲み取材も急きょ行われることになった。 イベント終了後、カメラの前に立った東出は「このたびは、お仕事の関係者の皆様に多大なるご迷惑をお…