大泉洋、「ハケンの品格」続編に出演決定!13年経っても「篠原涼子(春子)とやり合う事になりそう」

4月15日(水)スタートの篠原涼子主演ドラマ「ハケンの品格」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)に、大泉洋の出演が決定。2007年に放送された「ハケンの品格」出演時と同じ、東海林武を演じる。 本作は、スーパー派遣社員・大前春子(篠原)の活躍を描いた「ハケンの品格」(2007年、日本テレビ系)の続編。有能な派遣社員として社内のあらゆる問題を解決に導く春子が、「働き方改革」「高齢化」「副業」「アウトソーシング」「AI 導入」など、“令和時代の新たな働き方”に立ち向かっていく。 ■ 春子と東海林の掛け合いが13年ぶりに復活? 大泉演じる東海林は、前作の「ハケンの品格」では「S&F」の営業部の主任として派遣社員の春子と共に働いていた。最終話では名古屋支店への異動が決まり、春子との恋の行方が不透明なままとなっていた。 当時、春子から自身の天然パーマについて「くるくるパーマ!」と揶揄(やゆ)され、それに対し「とっくり!」と言い返す掛け合いが話題となっていたが、今回もそのような二人を見ることができるのか気になるところだ。 ■ 大泉洋コメント 続編のお話をいただいた時には既に舞台の出演が…