『M 愛すべき人がいて』追加4キャスト発表。田中みな実「こんなに意地悪な役は初めて」

『M 愛すべき人がいて』追加4キャスト発表。田中みな実「こんなに意地悪な役は初めて」

歌姫・浜崎あゆみが誕生するまでと、そこに秘められた出会いと別れを描き、大ヒットした話題作『M 愛すべき人がいて』(小松成美著・幻冬舎刊)。 同作に、ドラマならではの彩りをプラスして「AbemaTV」との共同制作で連続ドラマ化。アユ役の安斉かれん、希代のプロデューサー・マサ役の三浦翔平、主演を務める2人はすでに発表済みだが、このたびドラマの内容と、2人の前に立ちはだかるクセモノたちを演じる豪華キャスト陣が決定した。 (C)テレビ朝日/AbemaTV ◆脚本は『奪い愛』の鈴木おさむ 脚本を手掛けるのは鈴木おさむ。倉科カナ主演『奪い愛、冬』(2017年)、AbemaTVで配信された水野美紀主演『奪い愛、夏』(2019年)で、壮絶なバトルや強烈なセリフ、ジェットコースター級のスピーディーな展開で話題を呼んだ鈴木が、本作でもその手腕を余すことなく発揮する。 本作では、原作をベースに“脚本家・鈴木おさむ”ならではのエッセンスをふんだんに散りばめてエンタメ感をプラス。 アユとマサの純愛に加え、鬼トレーナーのしごき、過酷なデビュー争い、壮絶な嫌がらせ、そして恋路を阻む強敵たちとの戦い…と、ドキドキハラ…