<試写室>相棒最終回「僕としたことが!」連発!? 右京“推理力減退症候群”の疑い…?

秋、冬の2クールで放送された水谷豊主演ドラマ「相棒season18」(毎週水曜夜9:00‐9:54、テレビ朝日系)が、3月18日(水)にいよいよ最終回を迎える。 本作は、名推理で事件の謎を解き明かす警視庁特命係の係長・杉下右京(水谷)と、相棒である警視庁に出向してきた法務省の元キャリア官僚・亘(反町隆史)が難事件に挑む姿を描くシリーズ第18弾。 最終回は、夜8時から2時間スペシャルとして放送され、右京が“推理力減退症候群”を発症したと疑われる中、謎の数字とフェイク動画、権力者の思惑が絡む難解な事件に挑む姿が描かれる。 今回、WEBサイトザテレビジョンでは「相棒season18」最終話を事前に視聴。オリジナルレビューで番組の魅力を紹介していく。 ■ 最終話のあらすじ… 亘(反町)は、最近、右京(水谷)の推理力が衰えているのではないかと、角田(山西惇)にこぼしていた。軟禁された天礼島の事件(2019年10月9日放送「アレスの進撃」)や、重大な見落としをして「僕としたことが!」と嘆いたテロ未遂事件(2019年12月4日放送「檻の中」)などを上げつらいスランプを危惧するが、右京自身は、どこ吹く…