全員悪人!?唐沢寿明『あまんじゃく』に山中崇、中村俊介、松本若菜ら

全員悪人!?唐沢寿明『あまんじゃく』に山中崇、中村俊介、松本若菜ら

 3月30日(月)放送の『ドラマスペシャル「あまんじゃく 元外科医の殺し屋 最後の闘い」』(テレビ東京系)に、山中崇、中村俊介、松本若菜らが出演することが分かった。  本作は、唐沢寿明演じる元外科医の殺し屋・折壁嵩男が法で裁けない悪人を成敗しながら、生死を懸けた闘いを繰り広げ、現代医療の狂気を鋭くえぐるクライム・サスペンス。  今回発表されたのは6人。嵩男に依頼する元料理人の宗村将史を金田明夫、悪徳料理評論家・三波正昭を大鷹明良、ある組織の戦闘要員・比留川茂を山中崇が演じる。  また闇金融の借金取り・椙山啓介を中村俊介、内科医・梶睦子(木村多江)の紹介だという依頼人・椙山絵麻を柴本幸、嵩男に近づく謎の美女・煮雪梨花を松本若菜、睦子の息子・梶優雨を高橋來が演じる。 <田淵俊彦プロデューサー コメント> ギリシャ神話の智慧の神プロメテウスが、炎の神ヘパイストスの竈から火を盗み出し人間に与えたことで、人間は多くの文明や技術を産み出した。しかし、同時に人間は火で武器を作り、戦争を始めるようになった。平和でもめごとがなかった人間界は急変して悪にまみれ、年がら年中いざこざや争いごとが起こるようにな…