『科捜研の女』最終回2時間スペシャル!マリコ(沢口靖子)の鑑定が真相を全て解き明かす

『科捜研の女』最終回2時間スペシャル!マリコ(沢口靖子)の鑑定が真相を全て解き明かす

京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコを中心とした、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、それぞれの専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描く人気ミステリー『科捜研の女』。 シリーズ20周年&テレビ朝日開局60周年と2つの大きな節目を記念し、4クールに及ぶ1年間の放送に挑んできた本作が、最終回をむかえる。3月19日(木)に、堂々のフィナーレを2時間スペシャルでお届けする。 ©テレビ朝日 20年間逃亡していた殺人事件の容疑者が逮捕された。 証拠の再鑑定が行われることになり、マリコに白羽の矢が。その依頼を持ち込んだのはマリコの父・伊知郎だった! 凶器に付着した指紋を端緒に鑑定を進め、次々と判明する新事実。そんななか、新たな犠牲者が。事件はまだ終わっていなかった…!? 科学は嘘をつかない。マリコの信念と執念が真相に光を当てる! ◆最終回スペシャル・あらすじ 殺人事件で指名手配をかけられ、長らく逃亡していた芳賀悦郎(田中要次)が逮捕された。 本人は犯行を否認し、弁護士も鑑定の証拠能力に疑問を唱え、再鑑定が行われることに。科警研は、榊マリコ(沢口靖子)に白羽の矢を立て、その依…