竹内愛紗がシンガーソングライター役で作詞に挑戦!! 「チャンスがあったら、ぜひまたやりたい!」<インタビュー>

次世代を担う若手女優、松風理咲、竹内愛紗、長見玲亜の3人が企画・プロデュース・主演を務めた注目のドラマプロジェクト「トリプルミッション!!! 女優たちの夢、ドラマにしました」が3月20日(金)からdTVチャンネルのひかりTVチャンネル+で配信される。普段は女優として“演じる”彼女たちが、“企画プロデューサー”としてドラマ制作のあらゆる工程に関わった中で感じた思いなどを語ってくれた。インタビュー第1回は、作品「ムショラジ」を手掛けた竹内愛紗が登場。 ■ シンガーソングライターの役で作詞にも挑戦! ――完成した作品を見ての感想はいかがですか? 本当に初めての経験が多い作品でした。私はシンガーソングライターの役でしたが、一つひとつの仕草など、自分がどう映っているのか、その場でモニターをチェックする時間もなかったので、すごく不安な部分がありました。でも完成した作品を見る前は楽しみのワクワク感もあって、実際に見てみると、「ああ、伝わって来るな」と感じました。 自分が歌う歌の歌詞とセリフがリンクしていて、あっ、ひかり(竹内の役名)はこういうことを伝えたいんだなっていうのが視聴者の方にもわかっていた…