<エール>全員“朝ドラ”初出演!ミュージカル界から柿澤勇人ら3名が新キャストに

窪田正孝主演、二階堂ふみがヒロインを演じる3月30日(月)スタートの連続テレビ小説「エール」(朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)の新キャストに井上希美、柿澤勇人、小南満佑子の3名の出演が発表された。 本作は、「栄冠は君に輝く~全国高等学校野球大会の歌~」など数々の名曲を生み出してきた昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而氏と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルに、音楽と共に生きた夫婦の姿を描く。 窪田は、福島で代々続く老舗呉服店の長男で、気弱でいじめられがちだったが音楽と出会い、その秘めた才能を発揮して作曲を始める古山裕一を演じ、二階堂が裕一の妻となる関内音を演じる。 今回発表されたのは、裕一と音が東京で出会う、音楽の世界を彩る人々で、3名とも“朝ドラ”初出演。 ミュージカル界から歌唱力に秀でた俳優がキャスティングされており、制作統括の土屋は「今回発表する出演者の皆さんは、とにかく歌が上手い!東京に出てきた裕一と音が出会う、一流の音楽の才能を持った人です。音楽を志すもの同士として仲間になり、良きライバルとなっていきますが、皆、一筋縄ではいかない個性的な面々。裕一と…