「小田香さんしかいない」坂本龍一が太鼓判!「第1回大島渚賞」受賞者決まる

3月19日(木)第1回「大島渚賞」授賞式が行われ、主催者である矢内廣(一般社団法人PFF理事長、ピア株式会社代表取締役社長)、音楽家の坂本龍一、大島渚さんの妻で女優の小山明子、映画監督の黒沢清が登壇した。 「新しい映画の才能の発見と育成」を目的に、1977年より40年以上にわたり、国内外に自主映画を紹介してきたPFFこと、ピアフィルムフェスティバルが、今回新たに設立した大島渚賞。 栄えある第1回目の受賞者に選ばれたのは、小田香監督。 受賞した小田香監督 2013年、ハンガリーの映画監督タル・ベーラが指揮する若手映画作家プログラムに参加し、3年間を過ごした小田。ボスニアの炭鉱を捉えた、第一長編作品「鉱 ARAGANE」(15年)が大きな話題を呼び、昨年発表された監督自らがダイビングを学び、水中撮影に挑んだ最新長編作「セノーテ」は6月に劇場公開予定を控えている。 トロフィー贈呈の際、坂本は「大島渚という素晴らしい監督の名前を冠した賞にふさわしい人は誰かと考えたときに、今の日本で考えると小田香さんしかいないと思って、僕の方から推薦させていただきました。『鉱 ARAGANE』も素晴らしかったが…