伊藤英明、中谷美紀&ムロツヨシに熱烈ラブコール「最高の同世代3人組でまた…」<病室で念仏を唱えないでください>

3月20日(金)に最終回を迎えるドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)で主人公の救命救急医・松本照円役を務めた伊藤英明らが笑顔でクランクアップした。 伊藤が演じたのは、僧侶としての顔も持つ異色の救命救急医。今作は、僧侶でもあり医師でもあるという松本の奮闘を通して「生きることとは?そして、死ぬとは何か」を問いかけてきた。 僧侶を演じるのは今回が初めてだったという伊藤だが、丸坊主に袈裟を着た僧侶姿もすっかり定着。最後のシーンを撮り終え花束を受け取ると、約4カ月に及んだ撮影を振り返り、スタッフやキャストへの感謝を口にした。 今作で松本とたびたび衝突する心臓血管外科医・濱田達哉役のムロツヨシ、救命救急センターの医師で松本と切磋琢磨し合う女医・三宅涼子役の中谷美紀はともに1976年1月生まれで、1975年8月生まれの伊藤とは同学年。3人の共演は今回が初めてだったが、伊藤は手ごたえを感じたようで「許されるなら、この作品で出会えた同世代の3人組でまた作品に携われたら嬉しいです」と再共演を熱望していた。 そんな伊藤演じる松本とはぶつかるシーンも多かった濱…