佐々木蔵之介主演で『陰陽師』ドラマ化!相棒は市原隼人、剛力彩芽も久々の本格ドラマ出演

佐々木蔵之介主演で『陰陽師』ドラマ化!相棒は市原隼人、剛力彩芽も久々の本格ドラマ出演

総発行部数が全世界で800万部を超える夢枕獏原作の大ヒット小説『陽師陰』。今回、シリーズの中でも数少ない長編『瀧夜叉姫』を、佐々木蔵之介主演で初めて映像化することが決定した。 佐々木演じる陰陽師・安倍晴明の相棒・源博雅役には市原隼人が決定。市原は映画の『陰陽師Ⅱ』(2003年)にも出演しており、役柄こそ異なるものの、再び『陰陽師』の世界に帰ってくることになった。 ©テレビ朝日 本作では晴明と博雅の前に、シリーズ最強の敵・平将門が立ちはだかる。死後20年を経て復活した将門の激しい怨念によって、都は滅亡の危機に…。将門の死の真相、なぜ将門は復活したのかなど、平安の世に渦巻く怨念と陰謀に晴明&博雅コンビが挑む。 ◆剛力彩芽が久々の本格ドラマ出演! 19年前からひどい瘡(かさ)を患っている平貞盛(酒向芳)の屋敷を訪れた晴明と博雅。そこで2人が出会うことになる医者・祥仙(升毅)の助手・如月を剛力彩芽が演じることになった。 久々のドラマ出演ながら、さすがの演技力で物語のカギを握る難しい役どころに息を吹き込む。 謎めいた如月を演じるにあたり、剛力は幅広い表情を披露。すっかり心を奪われた博雅が気をもむ…