映画、声優、主演と初づくし!歌舞伎界の超新星 市川染五郎「コンプレックスばかりの人間です」

映画「サイダーのように言葉が湧き上がる」の完成披露報告会が、3月23日(月)に都内で行われ、杉咲花、市川染五郎、本作の監督イシグロキョウヘイが登壇した。 左から)イシグロキョウヘイ、市川染五郎、杉咲花 初映画であり、声優初挑戦にして主人公のチェリーを演じた市川染五郎は登場から、やや緊張気味の表情。 「(完成を観て)感動しました。心が温まるいい作品だなぁ、と演じている時から思っていたので、改めてそう思いました」と話し、イシグロ監督から「ありがとう!」の声があがると、少しずつ和らいだ表情に。 「映画も声優のお仕事も初めてですし、アフレコまではとても不安だったんですけど、その不安を乗り越えて、きちんと作品が完成して皆さんに届くことになって、どんな反応がいただけるのか楽しみです」と今の思いを丁寧に語った。 一方、ヒロインのスマイルを演じた杉咲花は、「すごく元気をもらえる映画だなと感じています。音楽も楽しく、映像もポップで、全体的にポジティブ。観てくださった方にパワーを受け取ってもらえる作品だと思います」と作品への思いを語った。 また、監督から二人の声の芝居の絶妙さ、細かなニュアンスの高度な表現…